忍者ブログ
今年のスローガン【人んちの子壊して遊ばない】



[558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548
アルバが、習いだした剣術道場に行きたくないという。
師範のレイドは、
「剣術が厳しいのは知っていたはず。私との約束を破るつもりか」と叱る。
そんなんじゃないやい!と出て行ってしまったアルバを追うハヤト。

泣きじゃくるアルバに問うと、誰にも言わない約束で教えてくれた。

アルバはレイドの子供のような存在だから、師範のレイドに贔屓されてる!
と道場の野郎共から妬まれ、防御の訓練で違う所を狙われたり、
集団から暴行を…あ、殴る蹴るの方向の暴行(わかるわ
されて、辛いのだという。でも贔屓なんかされてないし
道場では自分もレイドを先生と呼び、敬い従っていると。
道場へ行くのが嫌なだけで、剣術の授業はとても楽しい…と。


よろしい、ならば戦争だ。


よぉ~し待ってろ我が弟(違)よ。
今に兄ちゃんが聖王国騎士と反乱軍の首謀者と王の守護者味方にして、
魔王の力を手に入れていじめっ子をお前の前に跪かせてやるからな。
それを心優しいお前は止めるんだ。もうやめてよ兄ちゃん!
おいらが望んだのはこんな世界じゃないんだぁぁぁああ!!
さぁ剣術の集大成を兄ちゃんに見せてみろぉぉ!
次回作の主役はお前だ!

リプレ「落ち着いて、ハヤト。」

ゴッ





以下、俺の萌えのためにセリフメモ。
ずっと選択肢を「レイドに言おう」にしてたので知らなかった…
「我慢しろ」の冷たそうな言葉の裏にこんなあったかい感情が…
俺は泣きそうになりましたよ。アルバが笑ってくれる選択肢があったなんて。
アルバに勇気をあたえることができたなんて…兄は…兄は嬉しいよ…!
うわぁぁぁセーブして選択肢全部見てよかったぁぁぁぁ
アルバ…!!アルバ!!強い子におなり!!優しい子におなり!!
愛してるよアルバァァァ!!!お前は強い子だぁぁぁあああ!!!

そして4の大人アルバに、子供に向けて言ってほしいんだ。
「おいらの尊敬する人の受け売りなんだけどさ…」って
照れくさそうに笑顔で言ってほしいんだ。
主人公の強さがアルバの勇気に、アルバの勇気が子供の優しさに
繋がっていけばいいと思うんだ。すごくいいと思うんだ。

「すっ、グスッ…」
「泣くなよ、アルバ。男の子だろ」
「泣いてなんか…ないやいっ…!!」
「レイドから聞いたけど、剣術習うの、やめたいんだって?」
「やめたいんじゃ…ないやい…グスッ
 道場に…行きたくないだけなのに…」

選択肢1
→騎士になるんだろ
→どういうことだい?(→選択肢2へ)

→騎士になるんだろ
「騎士になるんだろ?アルバ」
「……うん」
「だったら、騎士だったレイドの言いたいこともわからなくちゃな
 レイドはアルバを泣かせるために怒鳴ったんじゃないよ
 泣かないように、強くなって欲しかったんじゃないかな?」
「泣かない、ように?」
「ああ、一人前の騎士が泣き虫なんてカッコ悪いだろう(にこ」
「……」
「もう一度、レイドと話をしたほうがいいんじゃないかな
 やめるかどうか決めるのはそれからでもいいだろう?」
「…うん」(終)

→どういうことだい?
「どういうことだい?道場に行きたくないのなら、理由があるだろ」
「……
 兄ちゃん、誰にも言わないって約束する?」
「ああ、するよ」
「絶対だよ!約束だよ!?」
「ああ、約束する。だから、理由を教えてくれないか?」
「…
 道場のみんながおいらのことをいじめるんだ
 防御の練習の時、わざと違う場所に剣を当ててきたり…
 稽古をつけてやるって大勢で殴ってくるんだ」
「それは…(険しい顔」
「おいら、聞いたんだよ。どうしておいらのことをいじめるんだ、って」
「理由はなんだって?」
「おいらだけ、レイドにひいきされてるからだって…」
「(そういうことか…)」
「おいら、ひいきなんかされてないよっ!
 道場ではレイドのことちゃんと先生って呼ぶし、
 練習だってきちんとしてるよっ!?
 …ねぇ、兄ちゃん。どうしたらいいの?(涙)
 おいら、剣術習うのをやめたくない…
 でも、いじめられるのは、いやだよう…」

選択肢2
→レイドに相談しよう?
→我慢するしかないな

→レイドに相談しよう?
「レイドにはそのことをきちんと話したのか?」
「…ううん
 だって、告げ口なんて卑怯だもん」
「そうかな?俺はそうは思わないぞ
 アルバはレイドの生徒なんだから、
 困ったらなんだって相談していいんだよ」
「でも…」
「アルバは自分がひいきされてると思ってないんだろう?」
「されてないよっ!」
「だったら、まちがってるのはみんなのほうじゃないか(にこ」
「……」
「自分ではどうしようもないことは誰にだってあるんだ
 それを相談することは卑怯なことじゃない。わかるだろ?」
「…うん
 おいら、レイドに全部話してみるよ…」(終)

→我慢するしかないな
「我慢するしかないな」
「兄ちゃんは、おいらがいじめられてもしかたないっていうのか!?」
「そうじゃない。(険しい顔
 いじめられるのがいやなら、レイドに話をすればいいだけだ
 でも、アルバはそれをしなかった…
 代わりに道場をやめたいって言った…
 どうしてだい?」
「だって…告げ口なんかしたら、卑怯だもん…」
「うん、そう思ったアルバは、立派だと思う。
 でも、だからって道場をやめるのはまちがいじゃないのか?」
「でも…」
「アルバは自分がひいきされてると思ってないんだろう?」
「されてないよっ!」
「だったら、まちがってるのはみんなのほうじゃないか(にこ
 道場をやめるってことは、みんなのまちがいを
 アルバまで認めちゃうことなんだぞ?」
「……」
「まちがいをまちがいだと言えること。
 それが本当の勇気なんじゃないかな?」
「本当の勇気…?」
「ああ、俺はそう思う
 アルバが真剣に剣術を習いたいってことを、みんなに見せてやれよ
 そうすれば、みんなもきっとわかってくれるはずさ!」
「…うん!(にこっ
 おいら、勇気を出してがんばってみるよっ!」(終)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/01 名無しの権兵衛]
[10/20 めいじ]
[08/07 めいじ]
[08/04 火炎]
[06/03 めいじ]
プロフィール
HN:
めいじ
性別:
女性
自己紹介:
自己満足乙!が信条ブログ。
オリジ中心。現在は身近なオリジ描きさんを巻き込んでゴッタ煮高校開校中。願書を届ける勇気があるなら私と共に来るがいい(土下座)

夢枕の宴はうちの子お描き下さい同盟さまに加入しております。全うちの子イラストフリーとなっておりますので、かっ描いてくれればいいじゃない…!全俺しか喜ぶ。
我が校に入学なさった他所のお子様も管理人様からイラストフリーが認められています。どうぞご自由にお描きください。
バーコード
ブログ内検索


<< 北斗高校 HOME 第三の人 <<
忍者ブログ   [PR]