忍者ブログ
今年のスローガン【人んちの子壊して遊ばない】



[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
さっそく風紀こと銘子さんの自己紹介バトンノシ

おっとり口調で「ですねぇ」など語尾がちょっと伸びがち
あんまりキッチリピッシリ丁寧!!な敬語は使わないです
使おうとすれば当たり前のように使えるけど使わないみたいな(?


PR
名前決めるだけで異常に時間かかるのをなんとかしたい!!((((
おまたせしました!!!白南風に風紀2名が入学です!!!!!
よろしくおねがいします!!!

保護者:牛鬼

大国護 大義(おおくご たいぎ)
白南風高校 1年

♂ 風紀 166cm
プライドが高く融通が利かない系男子。風紀を乱す者はゆるさない、と見つけ次第制裁。
目つきが悪く口調も偉そうなので逆上される事も屡だが屈せず対応も代わらず。
不良や悪党、犯罪者が許せなくとても嫌い。
「この腐った奴等を根絶やしにする」という思いを持っていて将来的に警察官になることを
目標にしてる。そのせいか、不良の多い北斗をよく思っておらず全体を蔑んで見てる傾向がある。
成績は優秀。運動神経も良い。
天パな事をきにしているがストパーかけても1日で戻ってしまうのでもはや諦めている。

風紀委員長の「自分がルールになればいい」という志と行動力に惚れて風紀へ。
委員長への忠誠心が半端無く言われた事は絶対。
なにかあろうものなら何処からとも無く現れてお守りする。
潔癖症の彼女の為に消毒液やその類を常備してる。

一人称:俺(目上には私) 
二人称:貴様、苗字呼び捨て(目上には貴方、~先輩、さん)


保護者:めいじ

上総 銘子(かずさ めいこ)
白南風高校 3年

♀ 161㎝
風紀委員長。モットーは「清く、正しく、美しく」
髪や目の色素が薄く、髪を染めているなどと誤解をされてきたことから
「自分がルールになればいい」という意向で委員長になった人。
柔和な笑顔を絶やさない、おっとりした女性。物事に動じず、お茶目な面もある。
口調は優しく、ゆっくりと、同級生相手でも子供に言い聞かせるように話す。

名の通り潔癖‘症’であり、病的に綺麗好き。
抗菌手袋、除菌アルコールや消臭スプレーの類を常備している。
白南風への入学理由も「落ち着きがあって清潔そうだから」。
散らかったものや埃っぽさはもちろん、動物の毛や花粉も嫌がり、程度によっては体調を崩す。
触られることも良しとしないため、人との接触は苦手。手料理も好きではない。

弟が居るが、奔放で綺麗好きでないため家から追い出して、合意のもと倉庫に住まわせている。

一人称:私
二人称:貴方、(同級生)苗字+さん、(下級生)苗字+くん、さん
こんだけ出張ってんだから来るべきだろそろそろ。と思ったので
真魚ちゃんが入学いたします!よろしくおねがいします!!



楡原 真魚(にれはら まな)
西水流高校 2年

西水流のバンド『人魚』のボーカル。楽器もできる。
恐がりで甘えん坊。おとなしめな女の子。繊細、か弱い。
そのくせはしゃぎたがりで友達大好き。
ロマンチックな話がとても好き。乙女。
幼い頃に両親をなくし親戚をたらい回しにされるが、それを見かねた
亜佐美の父(真魚父と親友だった)がしばらくの間引き取ることになり
亜佐美と真魚は小学校高学年あたりまで兄妹のように育つ。
その後、優しい老夫婦(楡原家)に引き取られ大切に育てられる。

たまに強情な甘えん坊っぷりを見せるのは、
たらい回しにされる中で「この人にはどれだけ甘えていいのだろう」
という限度を見定める彼女なりのテストのようなものでもある。
ある程度察したらそれに合う程度の絡み方をする。
話しかけないようにしたり、ぎゅっぎゅしたり。

青いコサージュをみつあみでグルッと巻いて固定。
髪は尻辺りで切りそろえている。



こんな。うちの子で一番髪長い、かつ、
一番(外見と中身が伴った)女の子らしい女の子かもしれぬ。
すごいどうでもいいかもだけど人魚のメンバーの名前には
水とか魚とか、海をにおわす文字が入ってます。
「バンド名どーすんべ」
「お、なんか皆名前が水っぽいな」
「じゃあ水っぽいので」
「水…歌……、人魚、なんてどうかな…?」
「おぉ、っぽい!」
みたいな(?
遅くなりましたが煌星中学に入学した2人の紹介と追記でバトンヌ!!!
よろしくおねがいします!!!!!

ちなみにバトンはかなちゃんとくっつく前に作成したものですすいません!!((
一人ずつのバトンにしようとしたら暗くなる子とテキトーに流す子だったので
一緒に応えてもらいました!こうするしかなかった!((



畦畑 道楽(うねはた どうらく)
所属:煌星中学校2年
身長:167cm
備考:
アジアン雑貨屋「kura~kura」店長の1人息子兼、馬車馬(家のお手伝い)
特にこだわりはないが慣れでアジアン、エスニック風の衣装や装飾を着ける。
のらりくらり、てきとーな塩梅で気ままにぶらぶらしている。
意欲や関心に乏しく、自分のことさえ客観的で他人事。物事に意味や理由を求めない。
人間関係に差し支えのない程度に友好的ではあるが、
深い介入や自分から絡みにいくのを面倒くさがる傾向がある。
「〜的な・みたいな・知らんけど」等、微妙な言い回しが多い。
ものぐさな割に常識や作法はきちんとしている。手先が器用。

情熱的な母親がアジア諸国を回る最中に道楽を授かったため、
父親が誰なのかどの国なのか、純日本人なのかハーフなのかすら不明だが
とりあえず顔が濃いので、髪をあげていると頻繁に外人だと思われる。
戸籍上は日本人。

一人称:俺
二人称:アンタ、苗字呼び捨て。(親しい相手)お前、名前呼び捨て。先輩は苗字+さん




早乙女 虎靖(さおとめ とらきよ)
所属:煌星中学校3年
身長:168cm
備考:
早乙女真龍の双子の妹(弟)
女性の心を持ちながら男性の体で生まれてしまった先天性乙女。
もう慣れてしまった校内や、大好きな姉(真龍)とセットでいると飄々として甘えたがりなハイテンションオカマになるが、 本来は穏やかで理性的で大人しい。
言い方を変えれば引っ込み思案・心配性・臆病、とネガティブであり、信頼している人には度々弱音を吐くことも。
自分の本来望んだ姿になりたいという欲求の反面、臆病が邪魔をして周りの目を恐がってしまい、外見は「中性的な印象の男性」の姿でとどまっている。

通称:ラキ
一人称:あたし
二人称:(名前)ちゃん
さぁ大晦日感が何故だかまったくないのですが2012年総評まいります!


仕事は変化がないものの同級生の十六夜さんが入社してグッと楽しくなった!だが会社は傾く一方だ!(((
絵の仕事が増えて嬉しいですがそのせいで土日の予定が潰れることも多々。そして大晦日の今も絵を描いております。げんにょり。


創作では手軽な更新をポイポイ投げれる日々草を設立。1年経ってないことに驚愕((
まじルーキー!!

創作が減ったように感じていた昨今ですが、絵を描かなくなった代わりにひびびんかを設けることで学生との触れ合いが飛躍的に増えたと思います!大正解!

高校生では西水流に樫渕矢栄が入学!まもなくして千里とCP成立!来年はもっと描きます!((
そして万年雪景色だった汐田に春が来て花が咲きました!ぃよッ!!お母さん嬉しい!!朝倉ありがとう!

モブで真魚ちゃんという亜佐美の妹分も公開しました!可愛い!(

中学生は、うしくんが煌星中学校を設立。我が家からは早乙女虎靖と畦畑道楽が入学!楽しくやらせていただいております!

何年前から居るんだってくらいですが異様に鳴律鳴律うるさい一年だった気がします!鳴律!!((


版権についてはカゲプロと000とサモンが大勝利でした
サモンDSリメイクでたぎった上半期。忠デレ忠デレ言いすぎて黎さんに忠デレ小説を書いていただく始末((
下半期も1、2のPSP移行、3、4のリメイクで充実しました。サモン以外なにも手につかなくなるほどに…そう、年賀状とかね…((((
5も楽しみです!!!


さてさて、2012年滅亡説を恐がりまくって2年前くらいからずっとガタガタしてましたが何事もなく…
いえ、神様仏様、そしてうちの鳴海達のおかげで滅亡は防がれまして…良かったです…!本当に…!生きてるって素晴らしい!

さぁ、来年はどうなりますやら!会社は無事だろうか!((
ま、世界が滅亡するよかマシだろ!っていう精神で行きますかの


皆々様のご健康をお祈りしております!
今年もありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします!!

2012.12.31

めいじ 拝
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/01 名無しの権兵衛]
[10/20 めいじ]
[08/07 めいじ]
[08/04 火炎]
[06/03 めいじ]
プロフィール
HN:
めいじ
性別:
女性
自己紹介:
自己満足乙!が信条ブログ。
オリジ中心。現在は身近なオリジ描きさんを巻き込んでゴッタ煮高校開校中。願書を届ける勇気があるなら私と共に来るがいい(土下座)

夢枕の宴はうちの子お描き下さい同盟さまに加入しております。全うちの子イラストフリーとなっておりますので、かっ描いてくれればいいじゃない…!全俺しか喜ぶ。
我が校に入学なさった他所のお子様も管理人様からイラストフリーが認められています。どうぞご自由にお描きください。
バーコード
ブログ内検索


<< 前のページ 次のページ <<
忍者ブログ   [PR]